その他のお知らせ等

 (一社)日本科学飼料協会または飼料関係業界からのお知らせ等があればこちらでお知らせする事があります。

月例研究会開催のお知らせ

第471回月例研究会を開催いたします。


演題:「ゲノム情報を用いたブタ育種について-肉質から抗病性まで-」

概要 :ブタのゲノムは2009年に概要が解読されたが、これに平行して実験家系の作製と経済形質に関連する遺伝子座の特定が進められた。2002年からはDNAマーカー育種が試みられ、2010年には岐阜県により筋肉内脂肪含量が通常の2倍となる「ボーノブラウン」が造成された。2018年には豚熱による大きな被害があったが、種豚集団の再構成では、肉質に加えて、抗病性の向上も目標としている。今回、ウイルス感染下において生産性の低下を防ぐことができるDNAマーカーについても紹介したい。                      

講師: 美川 智 氏 (農研機構 畜産研究部門生物機能利用研究部門 生物素材開発研究領域長)

開催日:令和4年7月26日(火)14:00〜16:00

開催方法:WEB開催(zoomのウエビナ―開催)

参加対象者:制限なし

参加費:2,000円(税含)*学生は無料

ウェビナー登録はこちらから

申込期日は、7月15日(金)正午までとし、お支払いは、7月20日までにお願いします。

*なお、期日までにご入金が間にあわない場合は、事務局までご一報ください。



◆◇◆近年開催した月例研究会(pdfにて資料提供)◆◇◆

*資料の無断転載は、ご遠慮願います。転載される場合は、協会の許可を得てください。


功労賞・技術賞

 (一社)日本科学飼料協会では、飼料関係技術の発展、畜産の振興と業界の健全なる発展に寄与するため、毎年、本会会員や畜産関係の学識経験者の推薦をうけて、 畜産の振興と業界の健全なる発展に寄与するような飼料に関する技術上の顕著な業績に対して昭和37年から技術賞を、畜産の振興と業界の健全なる発展に寄与した者に対して昭和48年から 功労賞を選定し表彰を行っております。

  ●表彰規定
  ●技術賞歴代表彰者
  ●功労賞歴代表彰者