その他のお知らせ等

 (一社)日本科学飼料協会または飼料関係業界からのお知らせ等があればこちらでお知らせする事があります。

月例研究会開催のお知らせ

第455回月例研究会を開催いたします。


演題:国産飼料を活用した良質牛肉・牛乳の生産と暑熱対策について

講師:神谷 充 氏 (農研機構 中央農業研究センター飼養管理技術研究領域 上級研究員)

講演の内容: 国産の濃厚飼料原料として飼料用米や地域の食品産業から産出される食品製造副産物、自給粗飼料としてイネWCSの利用が進められています。そこで国産飼料を活用した良質牛肉・牛乳生産に関する研究を紹介します。肉用牛肥育地域である南九州で主に産出される芋焼酎の副産物(カンショ焼酎粕)は焼酎粕濃縮プラントによって飼料に適した焼酎粕濃縮液として製造されるようになり、演者らは焼酎粕濃縮液の飼料利用について検討しました。焼酎粕濃縮液に関連して牛肉のα-トコフェロール含量に及ぼす影響や、泌乳牛での利用についても紹介します。また、飼料自給率向上や米の生産調整を目的に飼料用米やイネWCSの生産量が増加すると共に、肉用牛向けのTMRセンターも設立され、国産飼料を活用した発酵TMRの利用ができるようになりました。演者らは肉用牛への発酵TMRの給与試験についても取り組み、現地における給与試験事例を紹介します。また、夏の飼養管理においては暑熱対策が重要になります。肉牛や乳牛の暑熱対策についても文献情報を中心に紹介します。

                                  

日時:平成30年7月24日(火)13:30〜16:00

場所:馬事畜産会館 2階会議室

参加対象者:制限なし

参加費:2,000円(税含)*学生は無料(当日、受付にて学生証の提示をお願いします)

*参加費は、当日受付にて徴収させていただきます。

*参加希望の方は、参加申込書に必要事項をご記入の上、7月17日(火)までにFAX(03-3297-5633)または e-mail matsumaru@kashikyo.or.jp へお申込み下さい。

参加申込書 一般用[word] [pdf] /  学生用[word] [pdf]


◆◇◆近年開催した月例研究会(pdfにて資料提供)◆◇◆

*資料の無断転載は、ご遠慮願います。転載される場合は、協会の許可を得てください。


SUB MENU