一般社団法人 日本科学飼料協会
Japan Scientific Feeds Association
Location
ホーム 試験の受託


 一般社団法人日本科学飼料協会では、科学飼料研究センターにて、飼料会社や製薬会社をはじめとして各企業団体等からの依頼を受け、各種試験や分析業務を実施しております。主な実施可能試験は次の通りです。

分析のご依頼に際して -ご一読願います。-  

 家畜・家禽を用いた各種試験
   
  ●飼料の栄養価及び安全性の評価
  ●飼料添加物の効果の評価
  ●動物用医薬品・飼料添加物の対象動物を用いた安全性の評価
  ●その他
     ▲このページの先頭へ

 飼料、飼料原料等の各種分析
   
  ●一般成分分析
  ●有害重金属分析
  ●動物由来物質含有検査
  ●メラミン混入検査   分析方法の変更および分析料金改定のお知らせ 
  ●かび毒
  ●大腸菌、サルモネラ等の検査
  ●残留農薬
  ●その他
     ▲このページの先頭へ

 試験飼料の調製
   
  ●動物試験用飼料の設計・調製(B飼料のみ)
 
   家畜や家禽を用いた飼養試験を行う場合、試験の目的に合致した設計の飼料を用いることが重要です。
科学飼料研究センターでは、これまでに培った豊富な経験を元に、試験用飼料を設計・調製しています。また、飼料添加物などの保存・安定性試験などに用いる数キログラム単位の飼料調製やr/sの検体添加などもお引き受けします。
 
  このページの先頭へ
   
  試験の依頼について
   
  ●依頼者と協議して、試験目的に合致した試験計画を作成し、その上で試験費の見積書を作成提出いたします。ご検討いただき、
 試験の依頼をご決定ください。
  ●試験を依頼される場合は、所定の依頼書に必要事項を記入し、お申し込みください。
  ●試験の実施にあたって、被験物質(供試品)をご提供ください。その他の資材は特殊品を除き、当方で準備いたします。
  ●試験は依頼者と緊密に連絡をとりながら進めさせていただきます。
  ●提供された情報は、機密保持体制で対応いたします。
   
  ●分析や規格試験は、所定の依頼書に供試品を添えてお申込み下さい。
      *残余供試品の返却が必要な場合は、着払いにて返送させて頂きます。
   
  各試験等のご相談、ご依頼およびお問い合わせは、研究センターまで
 
     ▲このページの先頭へ

Copyright(C) 2012 JSFA