製造飼料データベース・システムの開設にあたって

 食の安全性に対する消費者の関心が高まるなか、畜産物についてもトレサビリティの確保や、生産履歴等の情報の提供が求められています。
 このような中で、農林水産省は、養牛農家に対して、購入飼料の出荷伝票、表示票の保存や、飼料購入台帳への記帳、給与飼料一覧表の作成等を指導・推奨しています。社団法人日本科学飼料協会では、これらの書類等の整理や、長期にわたる保管などの負担軽減に役立てていただくため、このたび製造飼料データベース・システムを開設いたしました。
 製造飼料データベース・システムには、飼料製造業者等から提供された牛用の配合飼料および混合飼料の原材料名等、飼料の表示票に記載されている主な情報が蓄積されており、本会のホームページにアクセスするだけで、容易にそれらの情報を入手できます。
このシステムをご活用頂けますようお願い致します。

 製造飼料データベース・システムの構築は、農林水産省生産局畜産部飼料課の指導を受け、社団法人家畜改良事業団からの委託事業として実施したものです。

Copyright(c)Japan Scientific Feeds Association.All rights reserved